SADCのこと(2)

もう備忘録みたいになってますが…引き続き書いていきますね。

SADCの一番大きな活動として
年に1度エントリーを募り、公開審査を行い、受賞作品を発表します。
これを審査会(コンペティション&アワード)と呼びます。

そもそも審査会は、前の記事でもかいたとおり
賞をとるという以前に、作ったものってどう見られるのかという
フィードバックを求めるためのものです。
インターネットで作品が発表できる今となっては、
価値が少しうすまっているかもしれません。
賞に関しては、また別の機会に書きたいと思います。


創設時代のSADC審査会

2001〜2004年あたりが創設時代として、
現在札幌を代表する40代後半〜60代のデザイナーほぼすべて集っていました。
2001年のグランプリはEXTRA DESIGN※ほか、
受賞作品をみると札幌の制作会社が多くひしめいています。

SADCの受賞アーカイブ
※EXTRA DESIGN:とくに私の同年代の人たち30代に多く影響を及ぼした佐藤暢孝さん佐々木信さんのお2人。現在はEXTRACTと3KGに分かれて活動されてます。

このころSADCは生まれたてのひよこ状態。
自分の業界にどのような影響を与えるか?ということはまだまだ未知数で
運営メンバーの声かけのもと
もの珍しさも手伝ってさまざまな人たちが集まったのではないでしょうか。

2004年頃からは、私も、社会人になりSADCに足を運びはじめます。
この頃は、「賞をとることの意味や価値」について
様々な人たちが考えはじめる時期です。

40代の方はSADC運営に対し、意見をもつ方がとても多いのです。
これは、「賞をとることの意味や価値」について多くの人たちが、
自由に議論できたことの現れだと思います。

審査会の方針については仕事が評価されるべきだという人と
面白いものが評価されるべきだという意見の二極化しているように見えました。
これは、SADCの審査で自主制作を許可し、
仕事と仕事でない制作物を一緒に並べ審査するという方法をとっていたためです。

(ただ「自分がやっていること」「自分がやってきた仕事」に主軸をおいて
語り始めるとこの議論は平行線になってしまうと私は考えます。
この後10年のアーカイブとSADCのクラブ概要を鑑みるに
「どちらかに偏りをもたせることがよい結論にまず至らない」
ということがわかります。)

当時は団体というものができたのがはじめてということもあり、
クラブの目的や概要が浸透していなかったのではないでしょうか。
また立ち上げメンバーからの影響を間近で受けながらも、
徐々にこれはやりたいことと違うと感じた濃密な時間があったのでしょう。

そこはデザイナー同士、それぞれ主義主張が違いますから当たり前です。
このクラブの始動と平行してインターネット上では
さまざまなコミュニティが生まれはじめます。
そのことも一因になるでしょう。
「違うな」と感じた何組かはSADCを離れ、
その後、若く新しい参加者が増えはじめるのでした。

(3)へつづく