Portfolio SADC2009




トントン、連続投稿。
受賞作品の写真をアップしてみました。

「ダリアへの手紙」演劇フライヤーと
「寿珈琲」のテイクアウト用パッケージです。

ダリアへの手紙は、札幌にある「Bar Dahlia」の
カウンターを使い、役者が演技しているのを
テーブル側の席から観られる
ちょっと変わった舞台でした。

フライヤーを頼まれてから、
台本読みがあるから来て!と言われて
稽古を観に行ったとき、
演技のパワーを間近でかんじました。
小1時間の間にあっというまに
テンションが上がっていました。
この人たちのためになにかしたい。
フライヤーの制作は遅れていましたが
そこでなにかが掴めたような気がしました。

バーにやってくる人々が繰り広げる
テンポのよいストーリー。
過去に秘められた男女の悲しい運命…、
そして一筋の光を感じるエンディング。

好きな人と離れたくない・そばにいたいという気持ちを
行為で感じさせるものをつくりたくて、
ハート形のマジックテープを見開きにはりつけて
とっても開きづらい「はなれたくない!」フライヤーを
作りました。

見開き右下に、胸を打つ素敵な一行は
演劇の中で女性が言う「台詞」です。
監督・脚本の中井さんがそえてくれました。


もう一点、
寿の袋。この写真に写ってる袋は
私が持ち歩いていたらボロボロになっちゃったけど、
なんだかこれくらいで丁度いいかんじ。

テイクアウトする=自宅用なので、
余計な包装じゃなく、
袋にはれるシールでなにかできないか。
と店主の柴田さんからリクエスト。

お金をかけないものであっても、
ただシンプルに作ればいい、というわけじゃない。
お店の雰囲気に馴染みながらも
ぱっとみて、印象にのこり
手にとってもらえるような
インパクトを狙いたいと思いました。

去年作った寿珈琲のポスターをヒントに、
注がれる珈琲のシズルをイメージした
曲線のグラフィックでシールを5種つくりました。


こちらはSADCオフィシャルでも
ご覧頂けます〜。
あと、私の情けない泣き顔(込み上げ顔?)も
見れますが。。。見ないで〜〜(変顔だから/笑)