札幌デザイン開拓使




札幌国際芸術祭で、異色のデザイン展
「札幌デザイン開拓使」がはじまりました。企画はワビサビです。


(グラフィックデザインで、かつ札幌での自分のまわりで、
最近感じてることだけ限定してかきますね。)

さかのぼりますが
ちょっと前オリンピックの問題というのがあって
デザイン業界にいる人はすごく揺さぶられたと思うんです。

いろんな人が薪に火をくべて燃え盛る炎上の影で
自分の職業につきつけられた十字架をただ呆然とみることしかできなかったし
そのとき、デザインが撤退し、みるみる縮んでいく様子を目の当たりにました。

その後、さまざまな場所で、議論がされていましたが
なにかどれも、しっくりこなかった…

けど、
この展示は、札幌で働いている自分を鼓舞し、
答えに導いてくれるきっかけになって、
とても感動しました。

感動したのは内容にというより
これを今、企画したってところになんです。
(構成・デザインは素晴らしいですよ!それは自明です)

最近
個人だけ、会社にだけ、
そんな狭い関係性にどんどん集中していく傾向をすごく感じています。
それは問題をみないふりしているように感じていて

すきなことだけ、なにかそればっかりに集中していく傾向
自分のみのまわりの興味のあることだけで
大丈夫になっていく感覚っていうのに、私はすごく抵抗があります。

あと、自分の業界にたいして、無頓着になる思考ってわかるんですよ。
だって仕事もまわってるし、クライアントともうまくやれてるし。
いい仕事をみせてなんぼでしょって。
それはそれで間違いじゃないと思うんですけど…。

とにかく
あ、これもうちょっとしたら、簡単にバラバラになる、
みたいな危機感をかんじてしまうんです。

もう好き嫌いとか
そういう領域の話じゃねーよーとか、
同じこと考えてる人っていないのかなあ…って
なんかそんなことをここ1年くらいずっと考えていて、

企画者ご本人はどう思ってるかなにも聞かないで書いてますが(笑)、

この展示をみて
みんなでちゃんと「グラフィックデザインてなんだ?」って
考える場所を作ってくれたのだと思って
なんだかありがたくて情けなくて、いろんな感情が湧きました。

それが本当、札幌デザイン開拓使っていうタイトル
そのままじゃないですか。
ただ、脱帽です。

もしデザインに関わって仕事をしている札幌の人なら、きっと会場に入ると、
感じ入るものがあると思います。


また、解説文をよみにいこう。


札幌デザイン開拓使 サッポロ発のグラフィックデザイン
~栗谷川健一から初音ミクまで~
http://siaf.jp/projects/sapporo-design-frontier

HBO

夏になって、ビールの美味しい季節になり
メンタリストを観ながらふと思いました。

BONESのブレナン博士と、リズボン捜査官は
見分けがつかない。
(上:ブレナン 下:リズボン)

 




もとい、 Netflixに飽きがきていることに気づいてしまいました。

そうだ、HBOのドラマがみたい!

HBO!HBO!

 ※HBO=老舗のケーブルテレビ放送会社の名前です。Home Box Office の略

年頃の時代を思い出してほしい

SATC  シックスフィーとアンダー ザ・ソプラノズ 

気づけばHBOのドラマにふれていた

そう、気づけば僕らHBOで育っていたよね

…ね、わかるかな?

byコジコ

(HBOといえば セックス・アンド・ザ・シティとか、
ゲーム・オブ・スローンズ などなど、ヒット作多数。)

綺麗な部分だけじゃいやで、ゲスいところや裏切りとか、
リアリティのある内容とか 面白い展開のドラマがみたい人におすすめです。
目の前の欲望に目が眩んだりするのを
ちゃんと人間の弱いところを描いてくれるし、
世界観の作り込みがしっかりしているからすごく没入できます。

さっそく
HBOのドラマをみるために久々にhulu加入。

huluでみてると、Netflixのホスピタリティはすごいです。
サイトの機能でいうとNetflixのほうが断然使いやすいし、
ダウンロード再生もできるから回線を気にしないでみられるし、
ほんと、飽きたなんて言ってごめんなさい。

数本みたので、もうちょいためてから
レビューをアップしようと思いますー


あ、HBOのぶっとくて身の詰まった感じのタイポロゴとってもいいですよね
(最後に、とってつけたようにデザインにふれてみました)

ドラマ

仕事してるときは海外ドラマを日本語音声にして 聞き流し鑑賞しています。
集中しだすとみてないシーンもあるけど…結構おぼえてるものです。
(ドラマを観てるというより、すごく動物的にものを消費してるかんじ)

「最近ドラマみてる」というと 「なんのドラマがおすすめ?」と
きかれるので かいてみました。



「ジ・アメリカンズ」

冷戦時代の夫婦のふりしたロシア人スパイの話。
スパイ・サスペンスなんですが、
面白いのが夫婦や家族のお話でもあるのです。
娘息子を学校にむかえにいったり、ごはんつくる日常と平行して
秘密で任務を遂行しながら、別人になってスパイしたり殺人したり。
子どもは生粋のアメリカ人として育ってしまってるし
スパイだとばれても息子たちをロシア(旧ソ連)には
連れて帰れない!どうしよう…みたいな悩みもあって。
子のことを考えてるとき、ぜんぜんスパイじゃない。
親の悩みは一緒なんでしょうかね。





「グットワイフ」

けっこう前の作品ですが、弁護士ドラマです。
(SATC見てる人は旦那がMr.ビッグにしか見えない現象がおこります。)

主人公は、女性と汚職のスキャンダルを報じられて再起を図る夫…ではなくその妻です。
弁護士の仕事と家庭と夫の仕事に挟まれ、
もまれながら「良い妻ってなに?」ということを
問いつづける作品。
自分を律する割に、浮気とかしちゃう主人公ですが嫌味な部分がまったくなくて
恐ろしいほど努力家。なので許す…最高の熟女だと思います。
みんな年収に見合った服をきてるので
おしゃれ要素も楽しめます。
製作総指揮は、リドリー・スコットなんだぜ。




「キーパーズ」

サスペンスドラマじゃなくて実話ドキュメンタリー。
40年前、恩師を殺された元生徒たちが
大人になって真相がしりたい!と調査をはじめる。
そうしたらサイコパスで小児性愛者の鬼畜神父がでてくるわ、
しかも教会や地元の警察は隠蔽しているわ。
おいおい、こんな無茶苦茶なことが実話なのか…。
ドラマよりこわい!







「オレンジイズニューブラック」

女子刑務所の囚人たちの生活を描いたドラマ。
主人公が世間知らずのバイなんですよ。
たぶん男性はこれみると引くんじゃないかな。
堕ちていく人間の描きかたがとてもよくて
刑務所行きになるきっかけだったり、恵まれない環境や
悲しみだったりそれぞれの事情が描かれていて
それぞれのキャラクターに感情移入してみられるところが好き。








「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

男の子が失踪するところから話ははじまって、友達の少年たちと男の子の家族が
はっちゃきこいて探すんですが、そんな中
街では次々変なことが起こりはじめます。
男の子がいなくなったと同時に
綾波レイみたいな少ししか喋らない超能力少女が現れたり…
気持ち悪いグロ〜い化け物がでてきたり…

そして、男の子のお母さんは、息子をさがして、
さがして、さがしまくって、あることにきづきます。
…「漂流教室」の主人公のおかあさんみたいになります。
ガチです。笑
こういうとき母は絶対にあきらめません。

いろんなものがでてきますが基本シンプルで、
親子の愛とか、仲間とか友情がしっかり描かれていて、
応援したい気持ちになったり、勇気をもらったりできるドラマです。
15局以上の放送局から製作を断られたからなのか
ストーリー的にシーズン1で終わる気満々っぽかったけど
すっごく人気がでましたよね。シーズン2も決定。楽しみです。




あ、今年もNEVERMINDTHEBOOKSやります。





lately

こんにちは。
すごい更新してなかったんですね…

私は元気です。運動の成果もあり
体重がやっと元に戻った次第です。
目指せ体脂肪22%。


近況ですが、SNSで更新したりしてます。
制作物もたまに載せてますので、よかったらみてください

あ、今年もNEVERMINDTHEBOOKSやります。




あったかくなってきて、嬉しいですねー


ではでは

500m-museum



500m美術館の企画展に参加しました。

一昨年あたりから、
広告やデザインが大好きでありつつも、
それ一辺倒の感覚に居心地の悪さもあり、
仕事外で絵をかいたり、ZINEをつくったり、
色んな人と接する機会をもっているうちに
他業種の方、道外の方など
沢山の方とさまざまなかたちで出会い
いろんなことに関わらせて頂きました。

そのぶん前から逃げ回ってた
ここに住む意味やここで働く意味とか、
ここにいるからできることとか、
お前はなにがしたいのってことを
多く問われたきがします。

そして行き着くのはやっぱり
10年以上やってるデザインの仕事が血肉となって
自分のものさしになっているんだな、ということ。
ものすごく薄っぺらに感じていたものが
ギュッと濃く太く感じられた瞬間でした。

今回は自分なりの回答をだす上で、
いつもとは少し違う目線で、
グラフィックデザインの角度からの
ものさしで、表現に落とし込めるように
ぼやけていた水彩の輪郭はいつもよりエッジーに。
凝り固まったら
おもいつきや、偶然、感覚的な気持ちよさを優先させて。



PCに向かっているときの感覚となるべく同じように。




そして自分が一番楽しい遊びやディティルで制作に至りました。

ぜひ通りすがりでも構いませんので、
観て頂ければ幸いです^^


500m美術館Vol.10
500メーターズプロジェクト001
「Re:送っていただけませんか?」展

会期 : 2014年2月1日(土)~3月28日(金) 
7:30~20:00 (照明点灯時間) ※最終日のみ17:00まで
札幌大通地下ギャラリー 500m美術館
札幌地下鉄大通駅~バスセンター前駅間地下コンコース内
住所/札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅を結ぶ地下コンコース(地下2階相当)内)

主 催: 創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会
企 画: 500メーターズ
協 力: 札幌大谷大学
素材協力: 株式会社ぶらんとマガジン社(フリーペーパー/スコブル、薄野じゃあなる)
観覧無料

HAPPY PONY SHOW












新千歳空港から車ですぐのノーザンホースパーク。
施設内にあるパラッツオ・ベガを改装し、
雨天時にもショーが楽しめる
HAPPY PONY SHOWの施設がリニューアル。
館内のシンボル・ロゴと関連ツール以外に、
内装のデザインもディレクションさせて頂きました。



ポニーに芸を教えたスタッフのひささん
なんと独学。すごくないですか?
ポニーとスタッフは、息ぴったり。





最後にクララが立った!的なシーン。


HAPPY PONY SHOW
PR Hirotaka Sato
AD,D Kaori Kojima